×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

不動産 賃貸 仲介について

不動産には、売買契約つまり不動産の売り買いと、賃貸契約 これは、マンションや一戸建て、アパート、ハイツ、事務所などを借りる賃貸契約があります。不動産の賃貸契約する場合には、不動産会社に行き自分の希望条件にあった不動産物件を探してもらいます。この不動産賃貸物件を紹介してくれるのが、仲介業者になります。貸したい人と借りたい人が不動産仲介業者によって互いのニーズに合う物件を早く見つけることが出来ます。だからと言って、両者が顔を合わすことはありません。不動産業者にすべて委託しすることが出来ます。借りる人は、物件探しから、現地案内、鍵の受け渡しにいたるまで不動産の仲介業者に、最初から最後まで相談に乗ってもらうことが出来ます。貸す人も家賃の査定や、賃貸経営に関する相談、入居者募集、賃貸契約、入居者管理、家賃清算管理、などの煩わしい手続きも不動産仲介業者に委託することができます。

スポンサード リンク

スポンサード リンク

不動産 賃貸での注意点

不動産 賃貸の場合借りる時に家賃以外に敷金や礼金と言った費用がかかります。礼金の場合は戻ってこない事が多いのですが敷金の場合は借主から貸主に預ける金額ですので契約の終了と共に返ってきます。ただ、敷金、礼金が必要のない賃貸物件もありますので、予算のない方は不動産仲介業者に尋ねてみましょう。不動産を賃貸する場合の金額は、年収の30%が目安となります。10万くらいの不動産を賃貸しようと思ったら年収400万円位必要になります。別に管理費や駐車場代もかかりますので、忘れないように。不動産を賃貸する場合契約においては色々と必要な書類があります。借主の住民票・借主の収入証明 ・連帯保証人の印鑑証明と収入証明(源泉徴収票など)免許証、保険証など身分証明のできるもの。 ・借主の印鑑(印鑑登録したものがよい)・必要経費 など、他にも不動産の賃貸物件によって提出書類が変わりますので不動産の賃貸仲介業者に確認しましょう。

不動産 賃貸 仲介料金

不動産 賃貸 仲介業の仕事は、宅地建物取引主任者が行います。宅地建物取引主任者によって契約が行われます。その結果賃貸物件を借りる時には不動産賃貸の仲介手数料が発生します。仲介手数料とは、不動産業者が貸主と借主の仲介をする事で得る報酬のことを言います。原則としては、賃貸住宅の場合は借主、貸主両方合わせて家賃の1ヶ月分を越えてはならないとされていますが、実際は借り主から1か月分を受け取るケースが多くみられます。仲介手数料と礼金は違うものです。仲介手数料は不動産業者に仲介をした契約成立の報酬として支払い、礼金は貸主に御礼として支払うものです。仮に貸主から直接借りる場合は不動産の仲介業者がいない事になりますので、仲介手数料はかかりません。最近は仲介手数料が何%引きとか半月分サービスとかなどという不動産の賃貸業者も増えていますが、目先の安さや売り込みに惑わされない良いサービスが受けられる不動産賃貸の仲介業者さんを見つけましょう。

スポンサード リンク

Copyright © 2008 不動産 賃貸 仲介 業